トップページ > 学習・教育目標

学習・教育目標

[教育目的]

情報システム・ネットワークシステム・生産システム・金融システム・経営システム等のシステムは、現在ますます複雑・大規模化してきている。 そこで、システム工学科では、これらのシステム全般に共通して幅広く応用可能な概念・機能・特徴を、情報・通信・制御技術をもとに論理的、科学的に捉え、総合的な見地から解析する能力を育成する。 さらに、安全性、信頼性、効率性に優れた、環境と調和するシステムを企画・設計しかつ統合化してマネジメントできるようになることを目標とし、これらに必要な工学的な理論と応用について教育し、 社会に有用な人材の輩出と研究の推進を行う。

大学院では、教官と一体になって国際協力・共同研究を推し進め、システム工学分野における世界水準の教育・研究拠点を目指す。

[学習・教育目標]

(A)【技術者倫理】
技術者としての社会的責任を自覚して、良識ある多角的な視野を持ち、技術と社会の関係をわきまえ、技術者倫理を身につける。
(B)【科学的思考能力】
応用力のある自然科学と数学、特に数理的な解析能力の知識を身につけ、真理を追求する思考能力を養う。
(C)【IT活用能力】
コンピュータやネットワークを実践的に活用でき、プログラミングやシミュレーションなどを行う基本的な能力を身につける。
(D)【論理的コミュニケーション能力】
国際的に通用する論理的な記述力、発表力、読解力、コミュニケーション能力を養う。
(E)【専門知識とその応用力】
システム工学関連分野の基盤的な技術・概念・理論に関する知識を身につけ、課題に対してそれらを駆使して、数理的に解析し、企画・設計・マネジメントすることができる能力を養う。
(F)【専門知識とその応用力】
システム工学関連分野の実際上の問題や未知の問題に対して、身につけた知識と能力を駆使して、問題を分析・モデル化し、解決方法を探究し、実験等を計画的に実施し、問題を解決する能力を養う。
(G)【継続学習能力】
技術者として求められる新しい知識や技術の取得を自主的、継続的に行う力を養う。